歯の話

大人のお話

修復物が取れた

歯のかぶせ物や詰め物が何かの拍子に取れてしまった経験をお持ちの方も多いでしょう。そして取れてしまったことをすごく残念な事と受け止めておられる方がほとんどだと思います。人前で取れてしまって、どうしたら良いのか分からずにうろたえてしまったというお話もよく伺います。

再製作が必要なこともありますが、状態によっては取れてしまったものを再び着け直せる場合もあります(再装着と言います)。だから取れてしまっても、慌てず取れたものを無くさない様にしておきましょう。
そんな再装着の際には、取れた時の残念な気持ちを思い出してか、多くの方が口をそろえて「また取れたりしない様にしっかり着けておいて。」とおっしゃいます。

でも実は取れたことは悪い事ばかりではありません。
修復物が取れてしまう理由は様々ですが、多くは咬む力や外力など、接着強度よりも大きな力が加わったせいです。
では仮に大きな力が加わった際に修復物が取れなかったらどうなっていたでしょう。その場合、歯自体が欠けたり割れたり折れたり損傷していたかもしれません。これを歯の「破折」(=はせつ)といい、破折した場合、神経を取ったり抜歯が必要なこともあります。つまり修復物が取れたことが加わった力を受け流すことになり、結果的に「歯が守られた」とも考えられるわけです。

ですから患者さんが言われる様に、もっと接着強度を上げるのは得策ではありません。もっともそんな高い接着強度の接着材料自体存在しないので現実には無理なのですが…。
長い期間お口の中に装着されていると人工物は劣化を起こします。すり減って修復物の形が変わってしまったり、接着強度が低下したり…。一方、咬む力の方は健康で自力で食事が出来ている間は大きくは変わりません。つまり時間の経過とともにどうしても取れやすくなっていきます。これに対抗して修復物が取れない様に気づかって、咬む力を優しく制限しながら食事をとるなんてことも現実には無理でしょう。残念ながら修復物は「いつかは取れる」ものと考えるしかないのです。

修復物が突然取れてしまっても、「いつかは取れてしまうもの」であり代わりに「歯が守られた」と分かっていれば、やり場のない残念な気持ちも少しは和らいで、冷静に対処ができると思います。


(蒲郡市歯科医師会 中澤 良)  
※今回、便宜的に「接着」という言葉を用いましたが、実際には修復物を歯に装着する際には「接着」ではない場合もあります。これだけ書くと全く意味不明でしょうが、この「お口の中の接着」に関してはまたの機会に。


蒲郡市歯科医師会コンテンツ
 
蒲郡市歯科医師会事務局 所在地:
蒲郡市浜町4番地
(蒲郡市保健医療センター内)
TEL:0533-69-8020 FAX:0533-67-0990 Email:info@gamagori-dental.org

 
 
お口の情報リンク
 
蒲郡市歯科医師会

Copyright (C) 2012 Gamagori Dental Association. All Right Reserved.